必要な書類(①~⑪)です。
①登記申請書:Excelで作成(ネットにサンプルあったので、それを我が家用に編集)
②案内図:Yahoo!地図から作成しました。
③住所証明書(住民票):市役所で貰ったもの(原本)と写し(住民票をコピーしたもの)
④建築確認済証(原本)と写し
⑤建築確認申請書(原本)と写し
 これの原本を貰っていたのでしょうが、平面図、立面図等の図面の原本を持って行って
 いなかったので、相談コーナーで最初は全て揃えて郵送もしくは持参とのことでしたが
 相談コーナーの方が登記官と話をしてくれて、写しで取り敢えずOKを頂きました。
⑥建築確認完了検査済証の原本と写し
⑦建物引渡証明書の原本と写し
⑧施工業者の会社登記事項証明書の原本と写し
⑨施工業者の印鑑証明書の原本と写し
⑩建物図面と各階図面:ネットにjw_cadの図面枠(B4サイズ)があったのでこれを
  使って作成しました。
⑪原本還付請求:wordで作成しました。
ハウスメーカーから予め貰った書類は上記の④~⑨の原本です。

写しは原本をコンビニでコピーして、
「この写しは原本と相違ありません。 住所 氏名」と、wordで作成しておき
 写しの裏面にプリントアウトして捺印しました。
 建築確認申請書のように枚数が多く、図面がA3サイズの場合は申請書と書かれた書類の
 裏面にプリントアウトしておき、後は割印でいけるみたいです。

なお、⑩はA4でプリントアウトしたものをコンビニでB4サイズに拡大コピーしました。

まだ表題登記完了していませんが、法務局で指摘されたこと
・申請人の住所と建物の所在がゴチャゴチャだと指摘されました。
 (これって本当に分かりにくいです。「住所」は申請人の住んでいる所で
  建物の所在は法務局で聞いて下さい。登記簿謄本(抄本)を法務局で取得するとか)
・印鑑の押し忘れがちょこっとありました。
・日付を書く欄がかなりありますが、これもいろいろと指摘されました。


我が家の場合は、建物滅失登記から始めたので通算3回法務局に出向き色々と指摘され
また教えられる事も多かったですが、これで建物滅失、表題登記費用が浮くので有れば
安いものです。

時間に余裕がある方は一度、建物表題登記にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

最後に、登記について何分全くのド素人なので色々と不備や勘違いや間違いが有るかも
しれません。その点はご了承ください。

PS.先程、法務局の方2名が来られ建物の寸法を何箇所かメジャーで測られ、必要事項の
確認の質問もされましたが特に問題無いようでした。
建物保存登記についても教えて頂きました。

表題登記が完了すると登記完了済証と原本を返還して頂けます。先日行った時に簡易書留
を添付して書類をお渡ししているので、郵送で送付して頂けます。
最後に家の写真を何枚か撮って帰られました。ご苦労様でした。

(参考にさせて頂いたサイト)